津軽弁な行




難解な津軽弁は、地域によって微妙に言いまわしや、意味が違ったりしますので、あくまでも私の育った地域での津軽弁だということをご理解ください。m(_ _)m


 【あなた。】

ながまる 【足を崩して座る。足を崩しては「足ばながめで」と言う。でも、眺めてはいけない(笑)】

なげつ 【泣き虫。泣き顔。】

なげる 【捨てる。投げる時も同じなので紛らわしいかも。】

なして 【どうして。】

なづぎ 【おでこ。】

なにや 【何か?。なんだよ。】

なんがかんが 【なにかしらは。どれかは。】

なんたかんた 【どうしても。】

なんど 【あなた達。】

なんぼ 【@いくら。(金額)Aなんて】

なんも 【@何も。Aいいえ。Bどういたしまして。】

なんもなんも 【いえいえ、どういたしまして。】

にしる 【干上がる。】

にだる 【沸騰する。思いっきり笑った時も「にだった」と言う。】

にらめる 【にらむ。】

にんどまめ 【えんどう豆。】

ぬげー 【暑い。】

ぬぐだめる 【温める。】

ぬれー 【ぬるい。】

 【@ない。Aお宅「ねの」はお宅のと言う意味。】

ねっぱる 【くっつく。ひっつく。】

ねぷて 【眠い。ねぷたの語源になったと言う説もある。】

ねほいる 【寝坊する。】

ねまる 【座る。】

ねんか者 【何事も念入りにする人。】

のそらっと 【どっさりと。】

のっつど 【@思いっきり。Aたくさん。】

のめくる 【つんのめる。】

のーれ 【いっぱい。たくさん。最上級は「のれそれ」。】